笑っていいとも! 出演記その②            (これでも頑張りましたの実況編)

 さて、そんなこんなでいよいよ本番です。

 

ここから先は 「こころの声」 も合わせて実況させて下さい。

 

     「あれ? リハの時ほど緊張しないかも。 お客様がいるからかな?」

  「セミナーで慣れてるせいかな・・・ 人が入ると落ち着く♪」

  「みんな、暖かく迎えてくれてありがとう!!」

  「わ、タモリさんがいるよ! 菅野美穂さん、きれい。。。」

 

  あわただしくもクイズの始まり・・・

 

 第1問  「エアコンの主電源、つけっぱなしとこまめにオフはどっちがお得?」

       Aつけっぱなし  Bこまめにオフ

       井上の答え : A

  

       「あれ? リハではテレビじゃなかったっけ?」

       「ここで引っ張らなくていいよ・・・ この辺、サクサクいこ!(汗)」 

       「蛍光灯の例みたいにつけるときの負荷もあるし、

        最近じゃ自動調節機能もあるから、ここは順当にAだよね♪」

       「あ♪ 全員一致! 良かったぁ」       

 

 

 第2問  「電気コンロとガスコンロ お得なのはどっち?」

       A電気コンロ  Bガスコンロ

       井上の答え : B

 

       「電気コンロって、あの電熱線がグルグル巻きの、いかにも非効率ってあれじゃないのか?」

       「IH? なら、ひょっとして調節機能もあるのかな?でもリハの時と答変えるなって言われたし」

       「なんで、家電の問題ばっか。。。」

       「國松さん、説得力あるう 確かにお手入れにかけるコストや時間もあるよね。。でも、

        ランニングコストでは、石油、ガス、電気の順かな?」

 

 第3問  「携帯電話のバッテリー充電、お得なのはどっち?」

       A切れてから充電  Bこまめな充電

       井上の答え : B

    

       「そんなの知らん・・ 電気屋さんとかプロの節約アドバイザーに聞けって・・・」

       「でも、確か最近のリチウムって、むしろ切らさない、こまめな充電もよしって説も聞いたよ!」

       「記憶怪しいし根拠も乏しい。こんなことならメーカーの友達や技術屋さんに聞いておくんだった」

       「タモリさん、もっともらしいこと言ってる。。。Aに変えちゃおうかな?でも後で怒られるかも」

       「でも、電池切れてから充電するなんて待てるのか?気づかないうちに切れてたらどうすんのさ?

         電話、携帯に転送してるから、お客様に迷惑だろ?」

       「第一、バッテリーの能力なくなる前に携帯の買い替えが先にくるだろ? 一生懸命もたせるために

        充電心がけてるなら古い機種でもいいってことだろ? 2年くらい経てば

        古いやつ0円で機種変してくれるしバッテリーも新品に変えてもらえたしなぁ。。」

       「あー、くそ、コメント来るなよ!  でもそろそろ来る頃か?」

       「あ、そういえばこの問題、ほかの3人はAじゃん!! コメントきそう。。」

 

       で、コメント求められて、とっさに出た言葉 「その前に壊れますよ。飽きるかもしれないし・・・」

       トホホ・・・

 

 第4問  「ホームベーカリーと食パンを買う お得なのはどっち?」

      Aホームベーカリー  B食パンを買う

      井上の答え : B

 

      「もう、どっちでもいいし。。 家電ばっか。。。 うち、未だブラウン管テレビだし・・」

      「そういえば、お客様でご主人のためにパンを焼いてあげてるって話をしてくれた方いたなあ

       いいなあ、そういう人。。。Aに変えちゃおうかな」

      「これって、そもそも損益分岐の話なんだよね。

       損益分岐ならマイカー手放してレンタカーやカーシェアリングにするのがいいか?って話したい。」

      「マイカーの場合なら非効率でも価値観や必要度も関わってくるよね。 

       郊外の買い物とかお子さんが小さいからとか。 でもパン焼き器にそれってあるか?」

      「うん。確かに大切な人のためにパンを焼きたいとかこだわるからパンをつくりたい、ならわかる。

       でも、損得だけ考えてたって、十中八九分岐ライン越えられっこない! 

       っていうか、得か損で選ぶ話じゃない。 あのお客様には悪いけど、初志貫徹でBでいくしか」

 

      で、またもコメント来ました。。

      「え?また?」 

      「ADの人、巻きいれてるジャン (汗)」

 

      出た言葉

      「(損益分岐ラインの)100回なんて作らないです。。 ってかその前にパン買っちゃうでしょ?」 

      太田さんのつっこみ 

 

      「飽きちゃうし?笑」 

      

      「あー。。。おわた。 父さん母さんごめん。FPの皆さんごめんよ・・」

 

 第5問  「30年間東京に通勤するなら、埼玉の一軒屋、東京で賃貸 どっちがお得?」

      A埼玉で一軒屋  B東京で賃貸

      井上の答え : B

 

      「キタっ! これこれ! これぞFPとして話したいのだよ! これコメントに時間かけよう!」

      「大体、埼玉のどこ?東京のどこ?ってところが甘いんだけど、30年通勤するなら がミソなんだ

       もし、30年通勤してリタイヤ後も20年はそこに住んで、いよいよ介護が必要になったら、

       含み資産を売るかそれを担保にお金を借りて(リバースモーゲージといいます)施設に移るか

       あくまでも改修してそこに住むってのならAでもいいけどね!でも、ここはあえてB!」

 

      長くなるけど根拠はこうです。

 

      まず30年のフローがポイント。

      買うなら住宅ローンは組むはず。 「ローン返済額+維持費」と「賃料」とを比べなきゃいけない。

      戸建はマンションと違って駐車場代や管理費はかからないけど固定資産税は高めだし、

      30年も住めば、さすがにその間修繕は必要。だからその積み増し分はとっておきたい。

      仮に、 返済額+固定資産税+修繕積立相当 < 家賃  だったとしても、

      同程度並みの水準比較ならそうそう大きく差がでるもんじゃない。

      お客様にはできる範囲で返済期間は短くするのがベターとは言うけど、

      一般的には 購入後30年程度なら、まだローン返済中か完済直後が多い。

      なら、この間そう大きなランニングコストの差がない程度なら、

      購入時の自己資金・頭金と購入諸費用っていう初期コストはまだ充分回収しきれてないんだよね。

      買うのも賃貸も長い目でみればトントンなんだけど、

      買ったほうが得になる損益分岐って、実は完済後相当期間経たないとやってこないのだ。

      もうひとつ、フローだけじゃなくて資産価値というストックも考慮しなくちゃ。

      ただ、資産価値は悲しいかな期間とともに減少してしまう (土地力等があれば別だけどレア)。

      なら、建物の資産価値が落ちる前に早期に売る っていっても売った後に賃貸ならその後条件は同じ

      なら、初期費用を回収しきれない可能性が高いためやや所有が高くなる可能性が高い。

      じゃあ中短期経過後に売るっていってももはや土地のみの資産価値だから

      やはり残債が残るかもしれないのでやや不利

      (ローン完済後で初期費用分の元をかなり取った後なら別だけどね)

      買うってことは、賃貸にまわせる利便性の高い駅近のマンションでない限り、ずっと住むのが前提。 

      ローン返済中に手放すなんて、余程レアな土地か地価高騰がなければしないのが良いと思うべし。

      (しかも、今後は建物余り土地余りが予想されるのですし)

      ただ、「住宅も保険だ」はありなのです。 万一の時、団信をつけていれば残されたご家族には

      負担なしで資産を残せる。そこまで考えて、ようやく所有(買う)のにも目が出てくる。

      (それでも30年程度なら、割安の掛け捨て型の定期保険で相応につけてればいいことだけど)

      でも、そこまで考えて欲しいから、私はあえてこの期間なら利用(賃貸)と主張します!

      実際は、家を持つことの安心感や価値観、暮らしの快適さも得られると思うけど

      逆にいえば、住む場所の選択肢を消すリスクや制約  (あ、これも飽きる?) もあるので、

      そこは金銭換算できない面なのでお互い相殺。

 

      と、まあいろいろニヤニヤ考えてましたが、さすがにコメントは回ってこず、

      巻きもはいってるし、そこでしゃしゃり出て話す勇気はなかったのでした。。。

      この問題、

 

 

さて、ここからいよいよ勝負の後半(のつもり)です。 まずは保険。 

実はリハーサルの時、「あれ、火災保険だけなんだ・・・」とは思ってしまいました。

しかも「個人賠償責任特約(個人賠)を付保しているという条件付なので誤解が出ないかなとも・・

また、その他の特約、例えば「携行品損害特約」等をつけるかどうかで条件が変わってしまうものも・・・。

だから、スタッフの方には 「多くの方が付けている特約(個人賠)付の火災保険の場合です」と、

予め言っていただくか、むしろ特約については最初は何も触れずにいて下さいね。とお願いしてました。

 

ところがどっこい、 保険のコーナーに入ると、たしかタモリさんあたりからつっこみが・・・。

「特約ありかなしかで違うだろ!!」 

あー、話が複雑になるぅぅ  (FP4人は焦りまくり。。)

苦し紛れに 「多くの方が加入しているパターンで考えてね」 ってことで落ち着いて、ようやく再開。

実際、個人賠は火災保険のほかは傷害保険や自動車保険等に、ほとんど無意識のうちについてる特約。

個人的には数多くの保険の中でも、もっとも費用対効果が高く、本来の保険の価値でもある、

「発生確率は低いけど、発生した場合の損害額が大きくなる可能性もある」 に備えられる保険なのです。

保険料は、1億円程度の保険金が下りる場合でも年間2,000円程度!

最近では、特約のみで単体での契約を扱わない会社も増えてますが、一家にひとつぜひ欲しい保険。

多くの場合は火災保険に特約で付けてるけど、もし付けてない人は早急に検討したい保険です。

 

 

でも フリップボードをみると、リハーサルと微妙に違う。妙にちっちゃくコンパクトになっちゃってるし、

これじゃ火災保険というより個人賠の問題じゃない? って感じ。

(それでも、よくこんな短い時間でフリップ作りなおせるよなー 凄いなテレビは・・)

 

このコーナー、お題はこうです。 保険金はもらえるかどうか?

ちなみに当然、リハではFP4人の答えは全部同じです

(保険の問題で意見違うわけないしね・・・)

 

①飼い犬が散歩中に人に噛み付いてケガをさせた。

 A もらえる。 個人賠から出ます。 

   飼い犬の事故は飼い主の損害賠償責任に帰属します。

   まあ、ワンちゃんも家族の一員なのです。 ライオンとかは偶然性を欠く事故になるでしょうから免責、

   保険金はでないでしょうが(苦笑)  

②買い物で誤って商品を落として壊してしまった。

 A もらえる。 個人賠から出ます。

   ちなみに個人賠は家族の誰かが被保険者として加入すれば、

   配偶者、本人または配偶者と生計を一にする同居親族や別居の未婚の子の事故も補償されます。

   扶養家族である別居の親は対象外ですが、生計を一にする同居の既婚の子は対象です。

   対人賠償だけでなく対物賠償も補償されます。

③外出先の駐輪場で自転車を盗まれた。

 A もらえません。

      例えば自宅敷地内の屋根付の駐輪場で盗まれた場合は火災保険の家財の盗難補償としてもらえます。

   しかし、自転車盗難は件数が多くて損害率が悪化するためか、自宅外では補償されません。

   ちなみに「携行品損害特約」等をつけていても自転車は対象外となります。 

   また、自動車は火災保険では補償されず、自動車保険(車両保険)にて盗難は補償されます。

④立食パーティーで人のドレスを汚してしまった。

 A もらえる。 これも個人賠から出ます。

   ただし、個人賠の補償は日常生活における偶然な事故が対象であって、仕事中に引き起こした事故は

   補償されません。また、家族に対する損害賠償も補償されません。

   「個人賠、しつこいです。。。 一体誰がアドバイスして作られたのか。。我々4人ではないですが」

⑤レンタルDVDを壊してしまった。

 A もらえません。 もはや火災保険とは程遠くなってます。。。これも個人賠絡み・・・。

   個人賠では、自分以外の者に所有権のあるものを借りてる時の破損は補償されません。

   ちなみに、友人にぶつかって、その時友人が手に持っていたDVDを落とさせて壊した、は補償されます。

 

と・・・実はこの⑤に行くか行かないかというところで、なんと時間切れ!!

 

  「えっ? マジ?!」  ここで終る? 殆どFPじゃないままだよ(泣) 挽回したい。。。

 

と、いうわけで我々4人はそこで退場となったわけなのです。

 

 

その後、予定されていた内容の概要ですが、

 

医療費編

・病院で処方してもらった薬、家の近くの調剤薬局より大きな病院の近くのほうが安い

 →実はそうです。これは人の入る薬局とそうでない薬局との格差是正のための措置のようです。

・100万円かかった治療費も 申請すればほぼ全額返ってくる

 →「ほぼ全額」につっこみを入れましたが、これは「高額療養費の払い戻し制度」として、

  一般的な所得の場合だと 約8万円強の自己負担で済みます(立替えた分は戻ってきます)。

  さらにはこの制度は月単位なので、もし手術等をしてその後治療する予定があるとき、

  日程を変更できる余地があれば、手術を月初にしてもらうのがベターとなります。

 

年金編

・離婚相手から分割して得た年金は、自分が再婚しても減らされることはない

 →年金分割制度のことを言ってますが、離婚相手から分けてもらった年金加入記録は、その後相手が

   亡くなっても、再婚しても減額されることはありません。

   遺族年金はの受給者が再婚すると支給停止になるのと混同され易いですね。

 

などなど、お伝えするつもりでした。 残念・・・。     

 

それでも、タモリさんや爆笑問題のお2人は面白かった。さすがプロ!

笑っていいとも!という番組、「やらせ」はないけど、アドリブバシバシでした!

芸能人の方々は回転が速い!

菅野美穂さんは生活や性格がしっかりしていそう。。。 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    まっすー (火曜日, 08 2月 2011 05:03)

    お疲れ様でした。
    テレビは見ていませんが、
    井上さんの価値観のぶれないコメント、
    読んでいて気持ちよかったです。
    また、会いましょう!

  • #2

    ありたみつこ (木曜日, 10 2月 2011 00:04)

    私は一軒家か賃貸か、から見たのでまだFPっぽい質問だったのですね。確かに家電の節約術なんてFPの範囲じゃないですよね。でも、FPがお金に関することの専門家らしい、ということが、いいとも!で初めて分かった人もいたと思うので、出た価値ありです。絶対!!!